適した色の花達

query_builder 2024/06/03
ブログ
ブログ
ブログ
ブログ
ブログ
ブログ

大切な人へ花を贈るにあたって、色々悩むと思いますが、一番は色ではないかなあと花屋さん的には思います。花の色や種類は奥深く、一つの種類に何色もの数があって、中には染めてる花など、とにかく凄い数があります。

自分の好みで選ぶのは楽しいけど、贈る花はなかなか難しいと思います。貰う方の花の好み、色の好みがバッチリわかっていれば良いですが、そうもいかないと思います。用途にもよりますが、季節にも何となくイメージの色があったり、例えば、春は淡い色の花だったり、夏は、イエローだったリ、とか絶対そうじゃなきゃいけないなどはないですが、何となく、そんな選び方をしちゃいますよね。どうしたらいいかわからない場合は、カラフルな花達がオススメです!もちろん男性、女性でメインは変わりますが、花でしか表現出来ない色の組み合わせでプレゼントも喜ばれます!

また、御供えの花は、昔なら菊の花を入れるのが常識みたいな所がありましたが、今では菊はNGでのご依頼が主になりました。中には昔では絶対NGだったバラを入れて欲しいというご依頼も多くなりました。花屋である私自身も、全然いいと思います。一つ言えば、菊の花は日持ちがしますが、バラは短命なので、そういう差はあります。ですが、花は人それぞれの好みがあります。バラが好きだった方ヘ供花するのであればきっと喜んでくれると私は思います。色も同じ事が言えると思います。供花は白い花が絶対。これも昔の事で、今では派手な色味でなければ、色を入れて欲しいというご依頼が主になっています。ただ供花を贈られる際に気をつけたいのは、亡くなられて間もない方への供花には、ホワイトの花達が無難かと思いますので、是非ご相談下さい!

いずれにしても、色や形や多種にわたる花達は、喜びや感謝を伝えるすぐれものです!

贈られる際に間違った形にならないよう、調布市つつじヶ丘のHANA花では、より良い形を提案致します。お気軽にご相談下さい。

----------------------------------------------------------------------

HANA花 (ハナカ)

住所:東京都調布市西つつじケ丘3-32-8 プラムガーデン104

電話番号:042-444-5987

----------------------------------------------------------------------